バイエルン・ミュンヘンに所属するFWロベルト・レヴァンドフスキは、クラブの契約延長オファーを受け入れることになるようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じた。

レヴァンドフスキはここ数シーズン、移籍マーケットが開くたびに移籍がうわさされている。今夏もレアル・マドリーへの移籍へ近づいていると伝えられていたが、結局残留へと落ち着いた。バイエルンはそういった雑音をシャットアウトするため、2019年まで残っている契約を2021年まで延長しようと動いている模様。延長した際には、現在バイエルンでトップの給与を受け取っているトーマス・ミュラーの年俸1500万ユーロ(約17億円)と同額になると伝えられている。

21日に行われたヘルタ・ベルリン戦後、ミックスゾーンで記者の取材に応えたレヴァンドフスキは自身の将来について以下のようにコメントした。

「まだ何も言えないよ。今日は試合に集中していたし、これから何が起こるかなんてわからない。言っているのは、いつか解決策は見つかるだろうが、すぐにではないということだ。決断には時間が必要だ。シーズンはすでに始まっているし、簡単ではないよ」

一方で、バイエルンとの契約がまだ残っていることに「喜びを感じている」と話しており、今後について具体的な言及は避けた。近い将来、レヴァンドフスキがどのような決断をするのか注目が集まるところだ。