マルセイユに所属する日本代表DFの酒井宏樹が、25日に行われたリーグ・アン第7節のナント戦に先発フル出場を果たした。チームは前半2分に失点したものの、2得点を決めて逆転勝ちを果たしている。

試合後、酒井は勝利を喜びつつ、さらに向上していく必要があると語った。フランス『footmercato』が報じている。

「3ポイントを獲得できてとても安心しました。ただ、もっと順位を上げていかないといけない。そのためにハードワークしていきます。だからサポーターの皆さん、これからも応援よろしくお願いします」

マルセイユは第7節終了時点で2勝2分け3敗と負け越している。名門復活へ向けた道のりは平坦ではなさそうだが、酒井は前を向いて努力を続けていく意向を示している。