アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリエズマンは、パリ・サンジェルマンへの移籍話を一蹴している。

2年前の夏にレアル・ソシエダからアトレティコに移籍したグリエズマンは、ディエゴ・シメオネ監督率いるチームでエースの座を確立。今夏フランス代表として臨んだユーロ2016では得点王と大会MVPを獲得し、パリ・サンジェルマンをはじめ複数クラブからオファーを受け取った。

グリエズマンは『France 3』で「未来のことは誰にも分からない」と前置きしながら、「今の時点でパリ・サンジェルマンは自分のプランに入っていない」と移籍の意思がないことを改めて強調している。

「もしかしたら、その日(移籍する日)が訪れるのかもしれない。だけど今の自分のチームはアトレティコ・マドリーだ。僕はアトレティコで満足しているよ。このクラブで重要な何かを勝ち取りたい。それが僕の願いだ」