スペインサッカー連盟(RFEF)は3日、2018年ワールドカップ欧州予選を戦うスペイン代表にマンチェスター・ユナイテッドMFアンデル・エレーラが追加招集されたことを発表した。

現在、練習に取り組んでいるスペイン代表だが、アトレティコ・マドリーMFサウール・ニゲス、バイエルン・ミュンヘンMFチアゴ・アルカンタラが完璧なコンディションではない模様。同チームを率いるフレン・ロペテギ監督は、両選手のいずれかが離脱する可能性を考慮して、A・エレーラも招集したようだ。

U-21代表としてユーロ優勝を果たすなど、代表チームの各年代カテゴリーで実績を残してきたA・エレーラだが、フル代表に招集されるのは今回が初めてとなる。

なおスペインは今回の欧州予選で、6日にイタリア戦、9日にアルバニア戦に臨む。