ユヴェントスは27日、チャンピオンズリーグ(CL)の第2節でディナモ・ザグレブと対戦し、4−0の快勝を収めた。マッシミリアーノ・アッレグリ監督は「正しいアプローチを見せられた」と選手たちを称賛した。UEFAの公式サイトが伝えた。

序盤からユヴェントスは格下D・ザグレブを寄せ付けず、終始圧倒。アッレグリ監督は今シーズンのCLで初勝利を挙げることができたことに喜びを示した。

「チームは正しいアプローチを見せることができた。ただし、我々は後半にいくつかのミスを犯したし、まだまだ改善が必要だ。努力を続けるよ。選手たちがユニットとして機能するまで時間がかかるが、悪くないスタートができていると思うね」

今シーズン初ゴールを挙げたFWパウロ・ディバラは喜びをあらわにしつつ、今後も同じようにプレーしていくことを強調した。

「得点できないのは難しい時間だったけど、ようやく決めることができた。点を奪えない間もチームは勝っていたし、僕自身のプレーも悪くなかった。今後も同じようにプレーするし、監督に言われたことをやるよ」