スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、今夏にレンヌからボルシア・ドルトムントに移籍したFWウスマン・デンベレは、将来的にバルセロナでプレーする考えという。

この夏を通じて、FWリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールのバックアッパーを探していたバルサ。その「第4のFW」の獲得候補筆頭として目をつけていたのが、O・デンベレであると報じられていた。だがバルセロナファンであり、ネイマールに憧れていることで知られる注目株は、結局ドルトムントを新天地として選んだ。

しかし『ムンド・デポルティボ』の報道によると、O・デンベレはバルセロナのロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)に「成長するためには毎週プレーしなければいけない」との理由で断りを入れたという。その際、選手から同SDに対して「いつかは、きっとバルサでプレーする」と”約束”したことを同紙は報じている。

ドルトムントと2021年まで契約を結んだ19歳のO・デンベレは、同チームで公式戦10試合に出場し、9月にはフランスA代表にも招集された。ドルトムントがレンヌに支払った移籍金額は約800万ユーロとされるが、バルセロナが順調に成長を続けるO・デンベレを獲得するためには、その数倍の額を支払う必要に迫られるのかもしれない。