マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロは、母国サポーターからの批判に苦しんでいるようだ。

アグエロは今季所属クラブで公式戦12得点を叩き出している。だがアルゼンチン代表では目立った活躍ができていない現状だ。

アグエロは『Sportia』で代表での苦しみを吐露している。

「(サポーターは)ブラジル・ワールドカップのことや、チリで行われたコパ・アメリカ、アメリカで行われたコパ・アメリカ・センテナリオのことを今でも考えているんだ」

「代表に呼ばれたら、チームをできるだけ良い状況に持っていくようにベストを尽くす。僕たちにはそれしかできない。周囲の意見は尊重するけど、僕たちも良いプレーをして勝ちたいと思っているんだ。でも、常にそれが許されるわけじゃない」

アルゼンチンサポーターからは、心ない言葉が飛んでくることもあるという。

「苦い言葉をかけられたことはたくさんあるよ...。でも、そういったものと戦うことはできない。僕は口論を好むタイプではないしね。子どもからそういう言葉をかけられることもあるくらいだよ! 彼らは、ただ周りの大人が言っていることを口にしているだけだけどね」

「一番傷ついた言葉?  『メッシの友達は代表に来るべきじゃない』という言葉かな。それは確実に僕を指し示しているからね。『アグエロはメッシの友達だからプレーしている』というのもあった。いろいろ言われても、僕たちには何もできない。最悪なのは、そういった言葉を大衆が信じてしまうことだ」