ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のイラク戦(6日)、オーストラリア戦(11日)に臨む日本代表が5日に練習を行った。サウサンプトンに所属するDF吉田麻也が取材に応じた。

先月から始まったアジア最終予選で、日本代表は1勝1敗という波乱のスタートを切った。ホームで行われた初戦のUAE戦ではまさかの敗北に終わっている。6日のイラク戦ではホーム初勝利を目指すことになるが、吉田は「プレッシャーはいつも以上」と語りながら、試合の重要性を口にした。

「追い込まれていることは間違いないので、追い込まれているというか、一敗している分、プレッシャーはいつも以上にあると思います。ただ、どの試合も当たり前ですけど、ホームの代表戦なので勝つつもりでいます。ゲームのアプローチは変わらないですし、状態も変わりません」

また、アウェーに乗り込んでくるイラクは守備を固めてくることが予想される。吉田は敗れたUAE戦のようにならないように注意を喚起しながら、プランを明かしている。

「UAE戦みたいにならないように、なるべく速くボールを動かし、相手をなるべく横に動かして、運動量を増やさせたいと思います。ボールを速く動かすことで横にズレた時に縦にボールを入れるようなボールの回し方が大事になってくると思います。相手も二敗しているので、負けられない状況だろうし、国の情勢もあっていろんなものを背負って戦ってくるでしょう。もちろん技術的なことは大事ですけど、メンタル的な部分もしっかり準備してやらないといけないし、内容どうこうより勝ち点3を取ることがまず大事になってくると思います」

すでに一敗を喫している日本代表にとって、この2連戦は重要な意味を持つ。それは指揮官のヴァイド・ハリルホジッチにとっても同じだ。吉田も当然プレッシャーは理解している。

「負ければそういう声が出てくるし、監督もかなりリスクを背負って、UAE戦で新しい選手を使ったし、タイ戦でもFWを変えたりして、すごくチャレンジをしてくれていると思います。なかなかそういうことができる監督はいないなと思うので、チャレンジで何かを変えようとしていることに僕らも応えていかないといけません。そのためには勝つしかない。いろんなことを言われているのはもちろん知っていますけど、勝てばいろんなものもシャットアウトできると思うので、勝つしかないです」

クラブでなかなか出番を得られていない吉田にとって、代表でのプレーは決して簡単なものではないだろう。しかし、チームのベテランであり中心選手として、この2連戦では日本代表を引っ張る活躍が期待されるところだ。