レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、母国フランスのフランソワ・オランド大統領が口にしたとされる言葉に対して遺憾の意を表した。

現在フランスでは、『ル・モンド』の2人の記者が執筆した書籍におけるオランド大統領のコメントが話題となっている。

曰く、オランド大統領は、MFマテュー・ヴァルブエナに対する恐喝事件への関与が疑われたマドリーFWカリム・ベンゼマについて「彼は道徳に反している」と語り、さらに移民が多くプレーするフランス代表については「代表チームと国は愛で結びついていない。紛争地域からやってきたために価値観を培っておらず、そのまま国外でプレーする選手たちも代表チームには含まれている。しつけが悪く、そのまま金持ちになった選手たちがね」と話したとされる。

17日に会見に出席したジダン監督は、オランド大統領の意見について感想を問われ、反感を口に。スペイン『マルカ』がコメントを伝えている。

「選手たちについて話した箇所は、とても不快なものだ。選手の仕事に対して、おかしなことでケチをつけているという具合だ。選手が不快に感じるのは当たり前だろう」

「私も不快に感じているが、何を言ったのかを正確に把握しなくてはならないだろう。しかしベンゼマを再び代表チームに招集できる可能性が生まれているときに、そういった発言を聞くのは問題だ。理解できない多くの言葉があった」