バイエルン・ミュンヘンに所属するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが、29日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)・グループリーグ第2節のアトレティコ・マドリー戦に向けて、記者会見に出席した。

昨シーズン、CLの準決勝という舞台で激突した両チーム。当時ジョゼップ・グアルディオラに率いられたバイエルンは鉄壁の守備を誇るアトレティコの前に屈した。しかし、チアゴは新たな監督を迎えた今のチームであれば、たとえアウェーであっても、勝ち点3を狙いに行くと話した。

「本当に楽しみだよ。アトレティコは昨年、決勝に進出しているからね。昨シーズンの準決勝でも戦っているし、彼らのことは強みも弱点もよくわかっている。彼らを相手にするということは、すべての武器を準備しないといけないということだ。守備に関しては僕らやバルセロナ、世界のどのチームよりも素晴らしい」

「昨シーズンのリベンジだとは考えていないし、異なる試合だ。準決勝とグループリーグの一戦では重みが異なるからね。アウェーでも勝ち点3を取ることが重要だ」

注目の一戦は日本時間28日3時45分キックオフ。