バルセロナは17日、アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ(32)との契約を1年延長したことを発表した。新契約期間は2019年まで。

今夏にユヴェントスからオファーを受けるなどして、バルセロナ退団を考慮したともされるマスチェラーノだが、最終的に残留を決断して契約延長交渉を進めていた。そして17日の練習後にクラブオフィスを訪れ、1年の契約延長にサイン。契約解除金は1億ユーロに設定された。

マスチェラーノは2010年夏にリヴァプールからバルセロナに加入。本職のボランチではなくセンターバックとして重用されながら、これまでに290試合に出場し、リーガ4回、チャンピオンズリーグ2回の優勝を含む合計17タイトルの獲得に貢献している。