25日、プレミアリーグ第6節が各地で行われた。

サンダーランドは本拠地スタジアム・オブ・ライトでクリスタル・パレス相手に逆転負けを喫している。ジャーメイン・デフォーが2得点を奪い、優位に試合を進めていたサンダーランド。だが、本当のドラマはデフォーが2点目を奪ったか60分から始まった。

2−0となった直後の61分、ジョゼフ・レドリーが1点を返すと、76分にはジェームズ・マッカーサーが同点弾を奪いパレスが追いつく。さらに、このまま試合終了かと思われたアディショナルタイム4分、イ・チョンヨンのFKからクリスティアン・ベンテケが頭で劇的な逆転弾を叩き込んだ。新戦力の活躍もあり、怒涛の反撃を見せたパレスが勝利を飾っている。

ミドルスブラ対トッテナムは、1−2でアウェーのトッテナムが勝利。韓国代表ソン・フンミンが前半に2点を奪う活躍で"ボロ"を一蹴した。

7分、エリア内でボールをキープしたヴィンセント・ヤンセンが、走り込んできたソンにパス。するとソンは巧みに中央に侵入し、冷静にフィニッシュし先制点を奪う。さらに23分、ペナルティエリアのやや左で粘り強いドリブルを見せたソンがミドルシュートを放つと、GKは一歩も動けず。その後、65分に1点を返されるもトッテナムが敵地リバーサイドで逃げ切った。

ボーンマスは本拠地バイタリティ・スタジアムでエヴァートン1−0で勝利。23分にジュニオ・スタニスラスがエリア外から放ったシュートがそのまま決勝点となり、過去6戦5敗を喫していたエヴァートン相手に勝利を飾った。

また、ストーク・シティは、ホームでウェスト・ブロムウィッチと対戦。73分にジェルダン・シャチリからボールを受けたジョー・アレンが先制点を奪うも、試合終了間際にサロモン・ロンドンに同点弾を決められ土壇場で白星を逃している。

>