レスター・シティに所属する日本代表FWの岡崎慎司が20日に行われているEFLカップ3回戦のチェルシー戦で、前半終了時点で2ゴールをマークした。

久々に先発に名を連ねた岡崎は前半17分、右サイドに流れたムハメド・ムサが上げたクロスボールに飛び込む。わずかに届かなかったものの、チェルシー守備陣がクリアし損ねている隙をつき、こぼれ球をヘディングシュートで押し込んだ。ガリー・ケイヒルにかき出されたが、ボールはゴールラインを割ったと判断され、得点が認められた。

さらに34分、クリアボールを拾ったアンディ・キングが岡崎へスルーパス。ディフェンスラインの裏に抜け出した岡崎は右足を振り抜く。大きくバウンドさせたボールはGKをすり抜けてゴールへ。またもやラインを越えたところで相手DFにかき出されたが、しっかりとゴールは認められた。

岡崎は昨シーズン、プレミアリーグで5得点を記録。今シーズンは公式戦初得点に加え、2ゴール目もマークした。

なお、レスター対チェルシーは前半を終了して2−1。レスターがリードしている。岡崎はハットトリックのチャンスがある中で後半を迎えることになった。