日本代表のDF酒井高徳は反省し、今後に向けて改善を誓った。

日本は11日、ロシア・ワールドカップアジア最終予選でオーストラリアと対戦し、1−1に終わった。前半こそチャンスらしいチャンスを作らせず、見事な守備を見せたが、後半は幾度となく攻め込まれ、ゴールを脅かされ続けた。結局失点はPKのみに抑えたが、酒井は自身が良いパフォーマンスを見せたとは考えていない。

「コミュニケーションを取るのは自分の良さの一つでもあると思うので、誰とやってもうまくできるという点を自分の強みにしていきたい。個人的には、今日はあまり安定していなかったと思います。細かい簡単なミスは修正していかないといけない。正直、こんなに連続して細かいミスをしたのは久しぶりでした。最近は自信を持ってやっていたので。今日は少しミスが出てしまったので、修正していきたいと思います」

続けて「対戦相手が違うのでスカウティングなどしないといけないと思いますが、今日のベースのところ、フィジカルコンタクトやラインのコントロール、攻撃のクオリティとスピードは追求していきたい。それを続けていけば日本の強みになると思います」と今後に向けて語った。

サイドバックの相次ぐ離脱で出番を得続けている酒井。ここで結果を残し、絶対的なレギュラーに定着したいところだ。