インテルは21日、セリエA第5節でエンポリと対戦し、2−0の勝利を収めた。リーグ戦3連勝を達成したチームにフランク・デ・ブール監督も満足している。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

インテルは前半に挙げた2ゴールを守りきり、勝利。数日前にユヴェントスとの激闘を終えた後だったため、後半を“省エネ”で乗り切ったチームにデ・ブール監督は賛辞を贈っている。

「良い試合だった。2点を奪ったあと、試合を上手くコントロールできた。日曜日にユヴェントスと戦った後だし、そうするのは自然なことだ。チームは正しい方向に進んでいるし、哲学も浸透している。これは重要な事だ」

続けて「ヨーロッパリーグの敗戦から何が変わったか?選手たちだよ。まだインテルを指揮して1ヶ月しか経っていないが、選手たちは私のメソッドをしっかり吸収してくれている。私が求めていることを理解し始めたんだと思うよ。我々のプロジェクトは数日で達成できるようなものではないし、多くのエネルギーを要する」と話した。