ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOは、ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンに適正額のオファーさえ来れば、放出する可能性を示唆している。ドイツ紙『ビルト』が報じた。

かねてよりオーバメヤンの希望する移籍先はレアル・マドリーだと伝えられている。ヴァツケCEOは今後の移籍の可能性を否定しなかったが、一方でマルコ・ロイスのようにチームにとどまり続ける可能性もあると語っている。

「私はオーバ(オーバメヤンの愛称)が加わりたいと考えるクラブがそれほど多いとは思わない。過去2,3年移籍について多くのうわさがあったが、まだドルトムントにいるからね。マルコ・ロイスもそうだよ。彼も以前は世界のあらゆるクラブに行くことができたが、今もドルトムントにいる」

「現時点で移籍について考えてはいない。まだ何も起きていないのだからね。もし然るべきオファーが来れば、我々は席に座り、話をする。しかし、それはいずれ放出するということではない。オーバとはまあ2020年までの長期契約を結んでいるからね」