トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、好調をキープする韓国代表MFソン・フンミンに賛辞を贈った。

トッテナムは27日、チャンピオンズリーグ第2節でCSKAモスクワと対戦。エースのFWハリー・ケインをケガで欠く苦しいチーム状況だったが、ソン・フンミンが決勝点を挙げ、チームを救っている。ポチェッティーノは公式戦2試合連続でゴールを挙げたソン・フンミンを称賛した。

「ソンはまさに爆発しているね。彼のゴールがチームを助けたし、非常に嬉しいよ」

「はるばる遠征してきたファンにも感謝したい。パフォーマンスは良かったね。試合は難しいものになったが、勝利に値したと思う。我々は決勝トーナメント進出に向けて、一歩前進した。重要な勝利だったし、勝たなければならない試合だった。今、我々はグループの2位だが、状況はオープンだ」

トッテナムはこの勝利で勝ち点を3とし、グループ2位に浮上。次節は10月18日に勝ち点2のレヴァークーゼンと対戦する。