イングランド代表DFのジョン・ストーンズは、スリー・ライオンズのキャプテンになれれば光栄だと話した。

マンチェスター・シティに所属するストーンズは、ワールドカップ欧州予選のマルタ戦、スロベニア戦で最終ラインを統率する存在になると見られている。現在、ウェイン・ルーニーが務めている主将の役割を、将来的に引き継ぐ選手だと推す声もある。

ストーンズはそういった意見に対し、「(キャプテンになりたいと)考えているわけじゃない。今はクラブでフットボールを楽しんでいるし、国の代表としてキャップを重ねるのが嬉しい」と否定しつつ、「もしそうなればファンタスティックなことだね」と話した。

さらに「母国の代表チームのキャプテンになるというのは、子供の頃に誰もが抱く夢だ。僕も例外じゃないよ。だから将来、そうなるとしたら大喜びするだろうね」と胸中を明かした。

もっとも、続けて「今、そのことについて深く考えているわけじゃない」と、あくまでも将来の話だと見解を明かしている。