ブレーメンの新監督候補にルイス・ファン・ハールが浮上しているようだ。ドイツ紙『ハンブルガー・アーベントブラット』が報じた。

ブレーメンは18日、成績不振を理由にビクトル・スクリプニク監督を解任。U−23チームを率いていたアレクサンダー・ヌーリ氏が後を継いだが、あくまでも暫定監督であるため、新監督が招へいされる可能性は十分にあると伝えられている。

ファン・ハールは昨シーズンまでマンチェスター・ユナイテッドを率いていたが、シーズン終了後に解任。契約が1年残っていながらの更迭に怒りを示していた。その後、どこのクラブでも指揮を執っていないが、果たして新天地にドイツを選ぶことになるのだろうか。なお、ファン・ハールは2009年から2011年の間、ドイツのバイエルン・ミュンヘンで指揮を執った経験を持っている。