アトレティコ・マドリーは28日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節でバイエルン・ミュンヘンと対戦し、1−0と勝利した。試合後、アントワーヌ・グリエズマンがコメントしている。

第1節を勝利したアトレティコは連勝でグループDの首位に立った。グリエズマンは「勝ち点3を獲得し、上位にいることが重要だった。このまま進み続けたい。僕たちは素晴らしい道の上にいる」と欧州で順調な戦いを続けていることを話した。

続けて、攻守に渡り良質なプレーを披露したことに関しては「完璧な選手になりたい。守備をしなければならないときは守り、フィニッシュすべきときには然るべき場所にいたい。今日はいつもより守備に回る必要性があったね」と振り返っている。

一方で、昨シーズンのCL決勝に続いてまたもPKを失敗したことについては「いつも挫折感を味わうが、だけどこれが最後の失敗にはならない」と話し、今後もキッカーとして責任を持つことを明かした。