元チェコ代表MFで、現在は古巣のユヴェントスで副会長を務めるパヴェル・ネドヴェド氏は、かつての同僚であるGKジャンルイジ・ブッフォンに50歳まで現役を続けて欲しいと考えている。チェコ『iDNES.cz』が報じた。

ブッフォンは2001年にユヴェントスへ加わり、セリエAで通算465試合に出場している。すでに38歳でクラブのレジェンドとなったブッフォンだが、8年間チームメイトとして過ごしたネドヴェドはブッフォンに対してまだまだ現役を退く理由はないと語った。

「情熱がある限り、ジジ(ブッフォン)には50歳までユヴェントスでプレーしてほしい。彼がユーロから帰ってきた時、『少なくとも2018年のロシア・ワールドカップまではプレーしたい』と僕に言ったんだ。彼は常に最初に練習場に訪れる。完璧だよ」

ブッフォンはセリエAのタイトルを8度、コッパ・イタリアを2度、ワールドカップを1度制している。