マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがいつの日かイングランドでプレーすることになるのではないかと見解を語った。

シティは19日にチャンピオンズリーグのグループステージ第3節でバルセロナと対戦する。記者会見に出席したペップはメッシについて問われると、「メッシの獲得に動いたことはない」「私は彼がバルセロナでキャリアを終えてほしいと願っている」とした上で、世界最高のフットボーラーが新しい経験を求める可能性があると話した。

「これから何年もあそこでプレーするだろう。彼にとって最高の場所だからだ」

「しかし、いつの日か、別の場所でプレーする道を選ぶんじゃないかな。なぜなら彼は息子に英語を学んでほしいと思っている。新しい経験をしたいとも感じているはずだ。過去にこの世界でそういうことが何度も起こったように、ね」

もっとも、あくまでも憶測であり、決断を下すのはメッシ自身であると念を押している。

「何が起こるかは分からない。それを決めるのは彼だ。もし獲得したいと思っても、決めるのは私じゃないし、他の誰でもない。それはリオネル・メッシが決断することだ」

なお、メッシは負傷により出場が危ぶまれていたが、どうやらピッチに立つ見込みが立った模様だ。愛弟子との対戦にペップは、「ケガから戻って来てくれるようで、嬉しいよ。彼を見られるのはいつでも喜ばしいことだ」と対戦を歓迎している。