日本代表は6日に行われたロシア・ワールドカップ・アジア最終予選でイラク代表と対戦し、2−1で勝利した。ロスタイムまで同点という苦しい展開の中、山口蛍の劇的な決勝弾が決まり、勝ち点3を獲得している。2戦目のタイ戦に続く白星により、通算成績は2勝1敗となった。

試合後、清武弘嗣は以下のように語った。

「この前(初戦のUAE戦)と全く一緒で、先制して、相手に取られて嫌な雰囲気だったんですが、蛍が決めてくれて安心しています」 「もっとやらないといけないですし、最終予選は厳しいので、僕ももっともっと成長していかないといけないと思います」 「(W杯へ)次の試合も大事なので、しっかり準備して勝ち点3を取りたいと思います」