トッテナムに所属する韓国代表FWのソン・フンミンが称賛を集めている。

2日に行われたプレミアリーグ第7節のマンチェスター・シティ戦に先発出場すると、豊富な運動量とイマジネーションで攻撃陣をけん引。チームの2点目となるMFデレ・アリのゴールをアシストするなど、存在感を遺憾なく発揮した。

終盤に途中交代する際には、ホワイト・ハート・レーンに訪れた観衆からスタンディングオベーションが送られた。

イングランドメディアも称賛を惜しまない。『BBC』はこの試合のマン・オブ・ザ・マッチとしてソン・フンミンを選出。インテリジェンスの溢れるプレーを称賛し、「得点こそ決められなかったが、素晴らしいパスでデレ・アリのゴールをアシストした」と賛辞を送っている。

さらに『イブニング・スタンダード』は、負傷により離脱中のイングランド代表FWハリー・ケインの穴をソン・フンミンとデレ・アリの二人が見事に埋めていると分析。シティ戦でジョン・ストーンズとパブロ・サバレタら相手守備陣を混乱に陥れたと紹介するとともに、ケインが復帰したとしてもソン・フンミンが重要な存在であり続けるだろうと報じている。

ソン・フンミンはここまでプレミアリーグで4得点を記録している。しかし、得点以外のシーンでもチャンスを創造し、豊富な運動量でチームの潤滑油となっている側面もある。単なるスコアラーではなくチーム全体に影響を及ぼす存在になっているだけに、好調を維持するスパーズのキーマンになっていきそうだ。