ヴォルフスブルクに所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーはユヴェントスへの移籍を希望しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。

ドラクスラーは今夏、ヴォルフスブルクからのステップアップを希望したが、望みは叶うことなく、クラブが「ドラクスラーを放出しない」と公式声明を発表するまでの事態に発展した。今夏はアーセナルが獲得を希望していたとされるが、ドラクスラーの希望は昨夏、破談になったユヴェントスへの移籍だという。ユヴェントスへの移籍を仲介していたファビオ・パリージ氏が明かした。

「ドラクスラーはシーズン終了後、チームを出て行くことになるだろう。彼はユヴェントスへの移籍を希望しているよ。繰り返すが、彼は移籍する。ユヴェントスかどこに移籍するかは別の問題だけどね」

「ユヴェントスは大金を使えるはずだ。資金は欧州トップクラブと変わりないだろう。(マンチェスター・ユナイテッドに放出した)ポール・ポグバの影響で、今後数年は安定すると思うね」

ドラクスラーは2015年、ユース時代を過ごしたシャルケを離れ、ヴォルフスブルクへ加入している。