スペインで記録達成が阻まれたピッチに、常に立っていた男がいる。現在ビジャレアルに所属しているDFホセ・アンヘルだ。スペイン『マルカ』が報じている。

21日に行われたリーガエスパニョーラ第5節で、レアル・マドリーはビジャレアルに1−1と引き分けた。これにより、マドリーのリーガ最多連勝記録が16連勝で途絶えている。

ホセ・アンヘルは、マドリー戦で先発フル出場を果たした。だが記録達成が阻まれたピッチにアストゥリアス出身DFが立っていたのは、これが初めてではない。2010−11シーズン、16連勝中だったジョゼップ・グアルディオラ監督率いるバルセロナがスポルティング・ヒホンに1−1と引き分けた試合でも、ホセ・アンヘルはヒホンの選手として出場していた。

2011年4月には、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるレアル・マドリーが本拠地サンティアゴ・ベルナベウでスポルティング・ヒホンに0−1と敗戦。モウリーニョ監督の9年間続いていたホーム無敗記録が150試合で途絶えた。ホセ・アンヘルは、この試合でも負傷したDFロベルト・カネジャの代わりに5分から出場して、試合終了までプレーしている。