レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドが、同チームを率いるジネディーヌ・ジダン監督の長所について語った。

C・ロナウドは12日、スペイン『マルカ』とイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が共同で主催する2015−16シーズンのチャンピオンズリーグ最優秀選手に選出され、その受賞式に参加した。同選手は両紙が共同で行ったインタビューで、ジダン監督について次のように語っている。

「ジダンは多くの良いものをチームに持ち込んでくれた。彼は元選手だし、マドリーのこと、また選手たちのことをよく理解している。元選手であるというのは長所にほかならない。ジダンはとても落ち着いていて、かつ、プロフェッショナルな人物だ。それに意見を聞く耳を持っている。それは素晴らしい長所なんだよ」

昨季のチャンピオンズリーグ、またユーロ2016優勝を経験したC・ロナウドだが、通算4度目のバロンドールを受賞する可能性を問われると、次のように返答した。

「その質問はまだ早いよ。もちろん歓迎するけど、自分だけに依存するわけじゃない。いずれにしろ、僕は今だけを楽しむ。昨季に成し遂げたことを考えれば、バロンドール受賞は歓迎すべきことだ。でも、まだ戦うべき試合、決めるべき得点があるんだよ。だから僕は落ち着いている」