日本サッカー協会は11日、ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のオーストラリア戦に臨む日本代表の先発メンバーを発表した。

日本はアジア最終予選で、一度も勝利したことがないオーストラリアのホームへ乗り込む。先発には6日のイラク戦で劇的な決勝点を挙げた山口蛍に加え、槙野智章、小林悠が名を連ねた。

日本は9月から始まったアジア最終予選で、2勝1敗という成績で現在勝ち点6の4位。ホームで行われた初戦のUAE戦では本田圭佑の得点で先制したものの、逆転を許し1−2で敗れた。第2戦のタイ戦では原口元気、浅野拓磨の得点により2−0で勝利し、初白星を挙げていた。第3戦のイラク戦では山口の劇的決勝点などで2−1と勝利している。

アジア最終予選の初戦で敗れたチームはワールドカップ本戦に出場できていないというジンクスがあるが、日本代表は歴史を変えることはできるのだろうか。

なお、メンバーは以下のとおり。

《日本代表先発メンバー》
GK
西川周作(浦和レッズ)
DF
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
森重真人(FC東京)
槙野智章(浦和レッズ)
MF
本田圭佑(ミラン/イタリア)
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
FW
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
小林悠(川崎フロンターレ)