日本代表は6日に行われたロシア・ワールドカップ・アジア最終予選でイラク代表と対戦し、2−1で勝利した。ロスタイムまで同点という苦しい展開の中、山口蛍の劇的な決勝弾が決まり、勝ち点3を獲得している。2戦目のタイ戦に続く白星により、通算成績は2勝1敗となった。

日本代表のヴァイド・ハリルホジッチ監督は試合後の会見の冒頭、「選手の皆さん、強い気持ち、『おめでとう!』と言いたい。皆さん、最後まで応援してくれてありがとう。価値の高い勝利だと思います。強い気持ちを見せて欲しい難しい試合ですが、勝利に値したと思います」と選手たちをたたえた。

指揮官はメンバー発表会見の際、しきりに「メンタル」という言葉を使い、最終予選という厳しい舞台では強い気持ちを持つ必要があると指摘していた。イラク戦は文字通り苦しい試合となったが、結果として勝ち点3を獲得することに成功した。ハリル監督は「確かに今日は素晴らしい試合をしたという感じではなかったかもしれませんが、素晴らしい勇気を持った試合をしたのではないかなと思います。これを探していました」と、選手たちがピッチ上で示した強い気持ちを称賛した。

さらに引き分けに持ち込まれそうな展開の中で勝ちきったことに、「チームの強い気持ちを感じました」とコメント。「勇気がありました。初めて選手たちがグラウンドで叫んでいました。それが報われたと思います。美しい勝利ではありませんが、勇気の勝利だと思います。強豪国でもいつも美しい勝利ではありません。きつい中でよくやったと思います」と、結果を出したことに安どの表情を浮かべた。