ここ数年で一気に世界有数のストライカーへと成長したレスター・シティFWジェイミー・バーディー、そのキャリアはまさにサッカー界のシンデレラストーリーだ。

現在29歳のバーディーは、現在ノーザンプレミアリーグのディビジョン1・サウス(8部相当)に所属するストックスブリッジパーク・スティールズに23歳まで在籍。その後、ハリファックス・タウンに移籍してからは猛スピードで成功の階段を駆け上がっていった。昨シーズンの活躍は皆が知るところだ。バーディーは、レスター・シティの"奇跡の優勝"に貢献しただけではなくユーロ2016にも出場した。

今回『Goal』は、ヨークシャーにあるバーディーの"原点"へ訪れた。そのクラブの若い選手へサプライズを仕掛け、ストックスブリッジパーク・スティールズが特別なクラブであることを改めて感じてもらうために。

さらに日産の協力で、11人のラッキーな少年たちをチャンピオンズリーグのフラッグをセンターサークルへと運ぶ役目を任命した。レスター・シティが史上初めてキングパワースタジアムでチャンピオンズリーグを戦う、その時に。

この様子を収めた動画全編を見て、少年たちが「生涯一度きり体験」をサプライズで伝えられたときに、どのように反応したのか見てみよう。

@goalglobalのインスタグラムをフォローして、UEFAチャンピオンズリーグ、レスター・シティ対ポルトの試合に向かうストックスブリッジパーク・スティールズの歩みをチェック!