W杯欧州予選が7日に行われ、ポルトガル代表はアンドラ代表と対戦した。試合はFWクリスティアーノ・ロナウドの4得点を含む6ゴールでポルトガルが大勝している。

ポルトガルは前節、欧州予選の1試合目となったスイス戦を0−2で落とした。C・ロナウドはユーロ2016で負ったケガのため、欠場していたが、アンドラ戦で代表に復帰し、いきなり4ゴールを叩き込んで見せた。本人も満足している様子だ。

「11人がボールの後ろにいるようなチームを相手に先制点を奪えたことは非常に重要だった。僕は重要な選手だし、他の選手も同様だ。代表のために常に全力を尽くしているし、役に立てて幸せだよ。残り8試合すべてに勝って、W杯へ行きたいね」

C・ロナウドは今回の4ゴールで、代表での通算得点数を65とし、キャリアでハットトリックを達成した回数は42回となっている。