スペイン代表DFジェラール・ピケは、2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)後に同代表を引退することを表明した。

ピケは9日に行われたロシアW杯欧州予選アルバニア戦(2−0)の直後に、代表を引退する意思を告白。「ロシアW杯は僕がスペインとともに戦う最後の戦いとなる」と語った。

現在29歳のピケが代表引退に踏み切る理由は、やはりピッチ外の騒動にあるのかもしれない。バルセロナ所属DFはカタルーニャのスペインからの独立を支持しているために、スペイン代表とアイデンティティーを通わせていないと幾度も批判を浴びせられてきた。そしてこのアルバニア戦でも、ピケはある騒動の主役を演じている。

ピケはフル出場を果たした同試合で、アウェーユニフォームの長袖を着用したが、なぜか袖を切り取って半袖のようにしていた。ソーシャルメディア上では、袖を切り取った理由がスペインを象徴する赤と黄色のカラーリングの袖口を見せたくないためであるとして、同選手を再び非難の的としている。

だが袖口に赤と黄色があしらわれているのはアウェーユニフォームの半袖だけであり、ピケが切り取った長袖のユニフォームの袖口の色は、実際には白だった。ピケは袖を切った理由について「袖が短すぎて不快に感じていた。とてもくたびれることだね」と説明。また批判を受ける状況に理解を示しながら、ロシアW杯に向け全力を尽くす覚悟を示している。

「引退は熱くなって決めたことではない。よく考えた上での決断だ。これまでだって大きな期待を抱えて代表チームでプレーしてきたし、今後もそうしていくよ。ロペテギ(スペイン代表監督)のプロジェクトの力になりたいんだ」

「確かにここ数年間、僕の扱いは快いものではない。これまで全力を尽くしてきたし、今現在だってそうしているのにね。自分が(スペイン代表に)いない方が良いと思っている人々がいるのは、明白だ。それでも、自分はロペテギのプロジェクトに期待している。だからW杯までプレーするんだよ」