ケルンで2試合連続ゴールを決めるなど好調をキープするFW大迫勇也は、今後の日本代表復帰の可能性について語った。また今シーズンいっぱいで満了となるケルンとの契約についても触れている。

大迫はブンデスリーガ第4節シャルケ戦、第5節RBライプツィヒ戦でそれぞれ見事なゴールを決め、ケルン3シーズン目でついにその実力を発揮。今季いまだに黒星を喫していない3位ケルンの好スタートに大きく貢献している。次節に敵地でのバイエルン・ミュンヘンとのビッグマッチを控えているクラブは、公式サイトに大迫のインタビューを掲載した。

チームの成長ぶりについて問われた背番号13は「今シーズン、チームとして良いものをつくり上げることができました」と現状に確かな手応えを感じている模様。だがそこで立ち止まることはなく、「それをこれからも続けなければいけない」と強調するアタッカーは「そのためには選手の1人1人がピッチ上でハードに戦い続けなければいけません」と熱く語っている。

昨シーズンについては「あまりプレーする機会がなかったのが辛かったです」と心境を告白。それでも「ピッチに戻るために、一生懸命頑張ってアピールすることしか考えませんでした」と前向きな姿勢で壁を乗り越えようとしたという。「サッカー選手にとって一番大事なのは自信だと思います」と話す大迫は、「フォワードとしてのプレーが一番居心地がいいんで、そこでは必要とする自信を得られています」とポジションへのこだわりを語っている。

大迫はこのインタビューの中で、元同僚で現在J2のジェフユナイテッド市原・千葉でプレーするMF長澤和輝についても触れている。日本人同士として長澤とは親しかったようだ。「彼が日本に帰ってから、ほかのチームメートたちはより話しかけるようになり、物事を説明してくれるようになりました」と他の選手たちとの距離が縮んだと説明している。長澤の移籍は「そういう意味ではポジティブな面もありましたね」と以前に比べてチームに溶け込めたことにつながったという。

話は去年6月までさかのぼる日本代表での出場にも触れた。クラブでの活躍ぶりで代表に復帰する日は近いと見られているが、大迫は「一つの目標ではありますが、今一番大事なのはケルンでプレーして、良いパフォーマンスを出し続けることです」と話し、「もう1年以上代表でプレーしていないので、今は考えていません」と現時点は日々の挑戦に専念している様子だ。

ケルンとの契約は2017年夏までとなっているが、「まだシーズンが始まったばかりなので」と焦りは感じていないようだ。「サッカーに集中していれば、なるようになると思います」と新契約についても特に意識はせず。しかし、「ケルンに残ることはイメージできます。このクラブにはすごく世話になっていますし、馴染んでいますので」と今後も同クラブでプレーを続ける可能性をほのめかしている。