ボルシア・メンヒェングラッドバッハに所属するデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンに対して、多くのビッグクラブが注目しているようだ。イギリス紙『デイリー・メール』が報じた。

クリステンセンは昨年、チェルシーから2年のローンでボルシアMGへ移籍。昨シーズンはクラブの年間最優秀選手に選出されるほどの活躍を見せた。ブンデスリーガ有数の若手CBとして評価されるクリステンセンにバルセロナ、バイエルン・ミュンヘン、マンチェスター・シティなどが興味を示しているが、チェルシーに売却する考えはないようだ。

今夏も2年のレンタルを打ち切り、チームに戻そうという動きがあったほどクリステンセンを高く評価しているチェルシー。本人の意向などもあり、実現には至らなかったが、クリステンセンの価値を理解しているチェルシーはいかなるオファーも受け入れることはないと伝えられている。

クリステンセンは足元に優れたCBとして知られており、今シーズンはここまで91%という高いパス成功率を記録している。