レスターのクラウディオ・ラニエリ監督が、18日のコペンハーゲン戦を前にチャンピオンズリーグの次の2試合が重要になるとコメントした。

レスターは今シーズン、プレミアリーグでは不調に喘いでおり、勝ち点8で13位に沈んでいる。一方で、クラブ史上初の挑戦となっているチャンピオンズリーグの舞台では2戦2勝で、強豪ポルトを抑え、グループGのトップに立つ。次節はホームにコペンハーゲンを迎えるが、ラニエリ監督は次の2試合でベストパフォーマンスが要求されると話した。

「次の2試合が重要だし、できることをやらなければならない。今シーズンのベストパフォーマンスが必要だし、勝利が重要だ」

また、15日に行われたチェルシー戦ではMFリヤド・マフレズ、FWイスラム・スリマニなどの主力選手を外して、0−3の完敗を喫している。しかし、ラニエリ監督はターンオーバーを採用したことに後悔はない。

「選手たちは昨シーズン、世界を変えたんだ。素晴らしいスピリットでおとぎ話を現実にした。彼らには強さやフットボールへの愛情を見せて欲しい。初めてヨーロッパでプレーするのだから、こういうことをするのは普通だ。選手は人間であり、機械ではないからね」