バイエルン・ミュンヘンに所属するドイツ代表DFジェローム・ボアテングは、クラブでキャプテンを務めるのが夢だと語った。ドイツ紙『ビルト』が報じた。

ボアテングはドイツ代表の前キャプテンであるバスティアン・シュバインシュタイガーが代表引退発表時、次期キャプテンとして候補に挙がった。新キャプテンの座はGKマヌエル・ノイアーに譲ることになったが、ボアテングはクラブでその座を得たいと考えている。

「マヌがドイツ代表のキャプテンに指名された時、個人的に祝ったよ。代表チームというのは僕にとってマストなものではない。バイエルンでキャプテンを務める日が来たらとても幸せだね。選手にとって夢であり、名誉だからね。ドイツ代表の場合はノイアーやトーマス・ミュラーがキャプテンに値する」

また、自身の今後の代表キャリアについては「恐らく2018年のロシア・ワールドカップが僕にとって最後の大会になる。世界王者を防衛できたらいいね」と語り、2年後の代表引退を示唆した。