バルセロナMFイヴァン・ラキティッチは、同チームでFWリオネル・メッシの後を継ぎエースとなるのが、FWネイマールであるとの見解を示している。

チャンピオンズリーグのマンチェスター・シティ戦を前に、イギリス『タイムズ』とのインタビューに応じたラキティッチ。同選手はネイマールがバルセロナとの契約を延長するならば、将来的に「新たなメッシ」になるとの考えを述べた。

「今の世界最高の選手を挙げれば、それはメッシとなる。でも、ネイマールは世界最高の選手となる道を歩んでいるよ」

「バルサはネイマールとの契約を延長し、契約解除金をできる限り高い額に設定しなければならない。だって、彼こそが新たなメッシになるのだから。本当に特別な選手だよ」

ラキティッチはまた、バルセロナで4番をつける理由が、ジョゼップ・グアルディオラ監督の現役時代の背番号であったためと明かした。

「グアルディオラがつけていたから、その背番号を望んだ。僕にとっては特別なんだ」