バイエルン・ミュンヘンに所属する元スペイン代表MFシャビ・アロンソが、自身の今後について口を開いた。スペイン『マルカ』が報じている。

X・アロンソは2014年にレアル・マドリーから加入。瞬く間にチームにフィットすると、34歳となった現在でもバイエルンでレギュラーポジションを守っている。今後のキャリアについてまだ一度も足を踏み入れたことのないセリエAに興味があったと明かしつつ、挑戦するには時間がなさすぎると語った。

「頭と身体がついていくうちは、高いレベルでプレーしたい。それはバイエルンで、ということになるだろう。どこか新たなステップというのは考えていないよ。イタリアには行ってみたかったけど、時間が許してくれない」

続けて「まだ何も決めていない。数ヵ月経った時、ゆっくりとどうするか決めると思う。自分自身に負荷をかけるつもりはないし、決断を下すのに期限は設けないよ」と語った。

すでにスペイン代表ではワールドカップ、ユーロ、クラブレベルではチャンピオンズリーグ(CL)と獲得可能なタイトルをほとんど取っているが、まだ大きな目標が残っているという。

「バイエルンでCLを制覇するのが夢だ。達成できれば素晴らしいゴールとなるね」