マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、MFヤヤ・トゥーレの代理人の発言に対して強い不快感を示している。

ヤヤ・トゥーレの代理人を務めるディミトリ・セルク氏は先日、シティ指揮官を批判するコメントを残した。「グアルディオラの決断で、シティは多くのアフリカ人ファンを失うだろう」「彼にとって、ヤヤは十分な選手じゃなかったんだ。(ズラタン・)イブラヒモビッチがそうだったようにね」などと述べ、選手をチャンピオンズリーグの登録リストから外した決断を非難していた。

グアルディオラ監督は20日の公式会見で、ヤヤ・トゥーレの代理人に警告を発している。

「彼(セルク代理人)には、クラブに対する謝罪を行ってもらいたい。彼の発言以降、私やヤヤを構想外としている。彼の謝罪がなければ、今後ヤヤがプレーすることは2度とないだろう」