オランダ代表は8日、GKヤスパー・シレッセンが負傷によってチームから離脱することを発表した。

10日に2018年ワールドカップ欧州予選フランス戦に臨むオランダ代表だが、シレッセンが練習中に右足首をねん挫。同チームを率いるダニー・ブリント監督は、シレッセンの代わりにトッテナムGKミシェル・フォルムを招集している。

なおシレッセンが所属するバルセロナは、このインターナショナルウィーク中に負傷者が続出。スペイン代表DFジョルディ・アルバは先のイタリア戦で負傷して2週間の戦線離脱となり、同代表MFセルジ・ロベルトは筋肉系の問題により9日のアルバニア戦欠場が確定している。