レアル・マドリーは18日、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ(30)と契約延長で合意したことを発表している。

モドリッチは2012年にトッテナムからマドリーに移籍。カルロ・アンチェロッティ監督(現バイエルン・ミュンヘン)、ジネディーヌ・ジダン監督の下で必要不可欠な選手となり、2度のチャンピオンズリーグ制覇に貢献した。

マドリーはモドリッチと2020年までの契約延長で合意した。新契約満了時、モドリッチは34歳となる。

マドリーは先日、MFトニ・クロースとの契約延長を発表していた。フロレンティーノ・ペレス会長は中盤の主力選手確保に努めているようだ。