レスター・シティに所属するMFマーク・オルブライトンは、昨シーズンの優勝に貢献した選手たちがクラブを離れる理由はなかったと明かしている。『スカイスポーツ』が報じた。

レスターは昨シーズン、快進撃を続け、クラブ史上初となるプレミアリーグ優勝を達成。チームの根幹を支えた選手たちは一躍スター選手の仲間入りを果たしたが、チェルシーへと去ったヌゴロ・カンテを除き、主力選手たちは軒並み残留を決めた。オルブライトンは選手たちにレスターを去る理由はなかったと話している。

「全員がここでの挑戦を楽しんでいると思うし、楽しんでいれば、もっと良いプレーができるだろう。すべてが上手く行っているし、誰もこのクラブを去ろうという理由が見当たらなかったはずだ」

また、今シーズンのレスターは昨シーズンのような輝きを見せられず、2勝1分け3敗で12位と低迷している。それでもオルブライトンは前を向いている。

「ここまでリヴァプール戦(1−4)やマンチェスター・ユナイテッド戦(1−4)など難しい試合がいくつかあった。でもチームはリーグ戦で調子を探している最中だし、見つけられれば良いシーズンを送れるだろう」