日本代表は11日に行われたロシア・ワールドカップ・アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し、1−1で引き分けた。原口元気のゴールで先制した日本だったが、後半はオーストラリアに押し込まれるシーンが目立ち、PKから失点。それでも最後まで追加点を与えず、敵地で貴重な勝ち点1を奪取した。

試合後、キャプテンのMF長谷部誠は以下のように語った。

「試合開始から自分たちのやろうとしていたサッカーができたと思います。特に前半ですね。ただ後半奪った後のカウンターの部分で精度を上げていかないと。ずっと押し込まれる時間が続いてしまうので。勝ち点1を取れたことで、ワールドカップ出場に向けていいことになっていけばいいなと思います」
 
「(大きなメンバー変更については)ケガ人もいましたし、このW杯予選は総力戦ということはわかってましたから、そして誰かの代わりに出るんじゃなくて、その選手たちの良さを出して信頼して、自信を持ってピッチに立ちました」
 
「(先制点は)狙い通りでした。ただ、ああいう形を試合の中でもう少し出して行きたかったですね」
 
「個人的な感想として勝ち点3を取れたかなと思います。もちろんPKは厳しい判定でしたけど、もう少し上手く試合運びをすれば勝ち点3を取れたと思います。そういう意味では悔しい気持ちはありますね。次の試合で折り返しになるので、前半戦最後の試合を勝って折り返したい」