日本代表は11日に行われたロシア・ワールドカップ・アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し、1−1で引き分けた。原口元気のゴールで先制した日本だったが、後半はオーストラリアに押し込まれるシーンが目立ち、PKから失点。それでも最後まで追加点を与えず、敵地で貴重な勝ち点1を奪取した。

試合後、DF吉田麻也は以下のように語った。

「すごく守備に関しては上手くできていたと思うんですけど、オーストラリアもなかなか上手くは勝たせてくれないなという印象で、ホームで必ず勝ちたいと思います」

「代表チームは苦しい時期に差し掛かってると思いますけど、こういう苦しい時期をみんなで乗り越えて、何とかワールドカップへの切符をつかみたいですね」

「次までまた1カ月あるので、チームでしっかりコンディション整えて、良い状態で代表チームに合流できるようにしたいですし、ホームで勝って、いい形で今年の代表の試合を終えたいなと思います」