最近の言動が世間をにぎわせているレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドだが、27日のチャンピオンズリーグ(CL)で今度はチームメートを非難するような姿が捉えられている。

マドリーはCLグループF第2節で敵地を訪れ、ボルシア・ドルトムントと対戦。試合は一進一退の攻防の末、2−2のドローに終わった。

C・ロナウドは、この試合で先制点を記録した。しかしながら44分、GKケイロル・ナバスのミスを突きドルトムントが同点弾。ドルトムントの直接FKをコスタリカ代表GKがパンチングし、そのボールがDFラファエル・ヴァランに当たってこぼれると、最後は相手FWピエール・エメリク・オーバメヤンに押し込まれた。

マドリーのエースはこの失点に失望を隠せなかったようだ。ハーフタイム、ロッカールームに引き上げるところでのMFガレス・ベイルとの会話がスペイン『チリンギート』のカメラに捉えられた。C・ロナウドは「キャッチすべきだった」とのジェスチャーを見せ、ベイルにK・ナバスのミスを訴えたのだ。

このシーンに関しては、DFセルヒオ・ラモスも試合中K・ナバスに対してジェスチャーでキャッチすべきだったと指摘している。これに対してK・ナバスが言い返し、2人は口論に及んでいた。