日本サッカー協会は7日、インテルのDF長友佑都がケガのため、チームを離脱し、所属チームに戻ることを発表した。なお、長友に代わる選手の発表はない。

劇的な幕切れとなったイラク戦から一夜明けた7日、日本代表は埼玉県内で練習を行った。長友はミニゲームでDF槙野智章と接触し、頭部を負傷。自力で歩けていたものの、練習を早退し、チームを離れることが明らかになった。

また、イラク戦でイエローカードを受け、累積警告によりオーストラリア戦の欠場が決まったDF酒井宏樹も7日、所属チームに戻ることが発表されている。元々層が厚いとは言えないサイドバックの相次ぐ離脱にヴァイド・ハリルホジッチ監督も頭を悩ませることとなりそうだ。