先にパコ・アジェスタラン監督を解任したバレンシアは、その後任として前ビジャレアル指揮官マルセリーノ・ガルシア・トラル氏の招へいを目指している。スペイン『マルカ』が報じている。

マルセリーノ氏は今夏、選手たちとの確執などを理由にビジャレアルとの契約を解消していた。バレンシアは同氏がアジェスタン監督の後任として理想的と考えている模様だ。

ただし、バレンシアがマルセリーノ氏を招へいすることは容易ではない。同氏はビジャレアルとの契約解消の際に、今季分の年俸を全額受け取った。スペインサッカー連盟・監督委員会の規約では、そのような状況において今季中に違うチームを率いることは禁じられている。

しかしながらバレンシアはあきらめることなく、スペインサッカー連盟の技術委員会に監督登録の申請を提出し、現在は返答を待っている状況のようだ。