レアル・マドリーは12日、MFトニ・クロース(26)の契約延長を発表した。

マドリーとの契約を2020年までとしていたクロース。だがクラブはドイツ代表MFのパフォーマンスを高く評価しているようで、新たに2022年までとなる長期契約を結ぶ決断を下した。

クロースは、2014年夏にバイエルン・ミュンヘンからマドリーに移籍した。この新契約満了時には、32歳となる。