バイエルン・ミュンヘンが、28日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節のアトレティコ・マドリー戦に向けて記者会見に出席した。

初戦を白星で飾った両チーム同士の対戦。2013年から2015年までレアル・マドリーを率いていたカルロ・アンチェロッティ監督にとっては、かつての宿敵との顔合わせとなる。アトレティコ戦について以下のようにコメントした。

「マドリーに戻れるのはいつも素晴らしいと感じるよ。試合が楽しみだね。アトレティコを相手にするのは常に難しい。とても組織されたチームだし、調子も良いからね。良いパフォーマンスが必要になる」

続けて、相手指揮官のシメオネについては「良い友人の一人であるのと同時に、世界最高の監督の一人だ。彼のスタイルが好きだよ」と称賛している。

一方で、主将を務めるフィリップ・ラームは相手エースのFWアントワーヌ・グリエズマンを警戒した。

「グリエズマンはとても速いし、素晴らしい選手だ。カウンターからのフィニッシュも正確だし、注意しなければならない」

昨シーズンは準決勝の舞台で対戦し、アトレティコがジョゼップ・グアルディオラ率いるバイエルンを沈めた。バイエルンはアウェーでリベンジを果たすことはできるのだろうか。