日本代表は11日に行われるロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のオーストラリア戦へ向けて前日練習を行った。

長谷部誠はオーストラリアの特徴に関して、「パスをつなぐようになってますし、ロングボールを多用してくるようなチームではない思いますね。といってもやっぱりセットプレーでは多くの点を取っていますし、高さという部分に関しては脅威になります」と分析。

その中で日本に求められる戦い方に関しては「うーん」と一瞬、間を置きつつ「アウェーということで、自分たちの強みを出していきつつも、相手の良いところを消す、そういう部分もやってかなきゃいけないと思ってます。あまり相手の土俵では戦わないようにしなければいけない」と話した。

また、自身の経験からスタジアムの雰囲気も敵になるといい「オーストラリアのアウェーの試合は何回か経験してますけど、スタジアムの雰囲気もあってすごく勢いに乗ってくる。その中で耐える時間も出てくると思います」と言及。

もっとも「しっかりとした準備はしてきているつもりなので」と、大きな問題にはならないとの見解を示した。